自分の未来を建築に賭けるなら、専門の教育を受ける

建築を詳しく学べる専門学校、スクール

未来をつかむ就職

工業系の専門学校の中でも、建築関係の学科は人気があります。
建築の専門学校には、多種多様なスタイルがあります。
資格で、1級建築士や2級建築士という資格があります。専門学校では、これらの資格を最短でとることが可能になります。
1級建築士の場合、4年制の専門学校を選んだ場合、大学に進学したのと同様の期間で受験することが可能です。
また、2級建築士の場合、2年制の学科を卒業したあと、すぐに資格を取得することができます。
また、2年で学科を卒業し、2級建築士の資格を取得したあと、実務経験を積んで1級建築士になるという方法もあります。
あらゆる方法を使用し、資格取得ができることが魅力となっています。

多くの建築系専門学校では、大学の編入をすることが可能となっています。
専門学校で学んだことを活かして、大学の3年次に編入することや、同時に放送大学を併修氏、学士習得につながるような学校が多数あります。
また、専門学校では、現場を知るプロが講師となっています。
プロの講師からの直接現場のことを学ぶことにより、大きな力を得ることができます。
また、専門学校の場合、高い就職率も魅力です。
現場と直接繋がりのある学校も多く、卒業後のフォローをしっかりと行ってくれるので、安心です。
実践力と、現場との繋がりは、専門学校ならではです。
他にも資格取得のための、強力なサポート体制やバックアップ体制が存在していることもあります。
勉強に打ち込める環境や、資格取得のフォローがしっかりとされていることにより、自分の目的に合わせて勉強することができます。